11月26日 甲山閣にて『クイック着物パーソナルカラー診断』or『クイック顔タイプ着物診断』行います。残席2席
着姿追求

着姿追求 補正って必要なのか

画像はお借りしました

現在成人式の着付けの真っ最中です。

今回は補正について考えてみることにしました。

基本的には「寸胴に」を求めて補正をしていきます。

ただ着物を脱いだ時補正だらけの自分の姿を見ると笑えると思います。

以前着付けのモデルをしたときに友達がこれでもかというくらいに補正をいれました。

そこそこきついし「わたし鳩胸なんだけどね・・・・」

出来上がりはやっぱりど~ンといた感じ。二度とこの子には着せてもらいたくないわと思いました。

その友達は座布団のような補正を胸に入れてます。胸がある子なのに

自分で着るときは背中の補正と和装ブラをするのみです。

それでも衿は決まるしあんまり着崩れない。

ただちょっとした技は使ってます。

それは自分のお肉を補正代わりに使う

ふつうは胸をつぶすのが基本ですが持ち上げて鳩胸に肉を足してます

ウエストに補正を入れないのは裾除けを改良してこれも肉をきゅっとしてます。

そもそも少し段差があった方が帯が落ちないと思ってます。

この先はさらに楽に肉補正をできるようにグッズを試行錯誤して作っていきたい

今日この頃

但し着物を着るのに慣れていない人はウエストに補正をした方がいいと思います

それは自分で紐をしめないことと、着崩れを直せないから

ただやりすぎはよくないです。

ただいま生徒様募集中です。

レッスン相談会もさせていただきます。勧誘は行いません。

ただ話してみたい着物でつながりたいという方も大歓迎です

コメント

タイトルとURLをコピーしました